トップページ 活動報告 政策 政策 県政レポート 時々刻々 仲間の紹介

【時々刻々】『地球温暖化対策推進条例』を審議

このたびの豪雨や台風および北海道胆振東部地震により被災された皆様に心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。

 

さて、開会中の9月議会では、今夏の猛暑を踏まえて県立特別支援学校の空調設備整備の前倒し実施、

大阪北部地震によるコンクリートブロック塀の倒壊を踏まえた不適合物の撤去等をはじめとした

補正予算や諸議案の審議を行っています。

 

その中で「地球温暖化対策推進条例」の制定についてご紹介します。

近年の世界的な気候変動の要因とされる温室効果ガスの排出量を各国が

削減目標を定めて取り組むことがパリ協定で採択され、国も愛知県も削減目標と取組を設定しました。

 

しかし、これまでは目標は設定するも、事業者や県民の努力に依存する掛け声だけの取組に終始していた反省もあり、

この条例制定によって、県・事業者・県民等の責務を明確にし、

特に事業者には対策計画書の提出に加えて取組の評価や結果の公表等を課すこととしています。

 

また、自ら「行動計画」を策定して積極的な活動を進めている市が県内に22市ありますが、

残念ながら達成目標や時期が県のそれと整合がとれていないところも散見されました。

これを機に、現場実態を把握している市町村と協議・連携して

実効性のある条例・計画にしていくよう県に指摘したところです。

 

最近の局地的な豪雨や生態系の変化も、この地球温暖化に起因すると言われています。

将来の人類・生物・生態系に支障をきたすことのないよう今ある環境を維持保全していくことが

私たちに課せられた役割です。

 

今回制定される条例や計画が絵空事にならぬよう、

県と市町村が現場実態に即した対策を協力して進めることで成果を上げていきたいと考えます。

 

【矢作新報社「時々刻々」2018.9.28号に寄稿】