トップページ 活動報告 政策 政策 県政レポート 時々刻々 仲間の紹介

『フライト・オブ・ドリームズ』内覧会に行ってきました。

■とき;10月10日(水)    ■ところ;中部国際空港(セントレア)

米国ボーイング社製造の787型機の胴体部分の35%は

愛知の重工メーカーの製造なのだそうです。

名古屋港埠頭エリアで製造された機体部をセントレアから

リフターと呼ばれるデッカイ飛行機に乗せて米国へ輸送して

組み立てるのだそうです。

その初号機をセントレアの一角に『フライト・オブ・ドリームズ』

という展示場に展示。【写真左】

機体の周辺には飲食・物販のお店が並び、【写真右】

また、ボーイング社のオリジナルグッズも販売されています。

この12日にオープンするに先立ち、内覧会に呼んでいただきました。

商業複合施設という位置付けなので、ミュージアムというより

観光スポットとしての機体が膨らみます。

多くの観光客で賑わうことを期待しています。