トップページ 活動報告 政策 政策 県政レポート 時々刻々 仲間の紹介

活動報告

■とき;11月10日(日)    ■ところ;半田市福祉文化会館

式典第2部では、OBである榊原定征さん(前経団連会長)の講演。【写真左】

炭素繊維を研究したい、の願いどおり㈱東レに入社され、

社長を務められ、経団連会長にまで上り詰められました。

炭素繊維を使ったボーイング787の模型を手にして熱弁をふるって

いただきました。

その後、卒業生総会後の懇親会では、榊原先輩(中央)を囲んで

同期のみんなと写真を撮りました。【写真右】

充実した一日でした。

 

■とき;11月10日(日)    ■ところ;愛知県立半田高校

半田高校が大正8年(1919年)愛知県立第七中学校として設立以来、

愛知県立半田中学校と愛知県立知多高等女学校が一緒になり、

現在の愛知県立半田高等学校に至ります。以来100年です。

記念式典には、大村知事・地元県議らをお迎えする中で、

100周年記念事業実行委員会の永田清会長から式辞。【写真左】

記念事業として旧武道場の改築をした目録を生徒会長に授与。【写真右】

生徒や多くの来賓が集う中、厳かな雰囲気で執り行われました。

 

 

 

 

 

 

 

■とき;11月8日(木)    ■ところ;六本木アカデミーヒルズ

「新政あいち」を設立し、地域特有の政策を提言した活動内容を

マニフェスト大賞に登録しました。

残念ながら大賞や優秀賞には届きませんでしたが、

応募総数2242件の中からノミネートされた120件には

認定いただき、この日、代表して鈴木純県議(新政あいち副総務会長)が

北川正恭さんから認定証を授与していただきました。【写真】

まだまだ活動半ばで、きちっとした成果も書き込めませんでしたが、

次回は優秀賞をいただけるよう頑張ります。

 

 

 

 

■とき;11月6日(火)    ■ところ;中村すすむ事務所

愛知13区選出の衆議院議員・大西けんすけさんが事務所を訪問いただき

ました。昨日が大西さんのパーティーで、その出席のお礼に寄っていただ

きました。【写真】

社会保障政策にも詳しく、海外経験もあることから、

幅広い分野で政策通として頑張っておられます。

所属する国民民主党の「めざす社会像」の提言に向けて

党内の中心となって働いてほしい、と申し上げました。

■とき;11月5日(月)    ■ところ;東海学園大学、愛知製鋼

特別委員会の県内視察で、

スポーツ人材育成事業に取り組む東海学園大学と、

登録有形文化財である愛知製鋼刈谷工場地内のトヨタ創業期試作工場を

訪問しました。

東京オリ・パラやアジア競技大会に向けてトップアスリートの育成が

求められますが、ここ東海学園大学ではジュニアアスリートに対して

スポーツ設備を駆使したトレーニングの実施、体力の分析などを実施。

ここで育った生徒・学生が将来日の丸を背負うように期待しています。

愛知製鋼刈谷工場地内でトヨタ自動車生誕の試作工場を視察。【写真左】

1933年9月に豊田自動織機製作所自動車部としてスタートして

85年が経過した試作工場は、耐震性が危ぶまれシェルターから視察。

量産とともに刈谷から豊田の地に移転しましたが、

文化財として残され管理され、創立期の歴史が偲ばれます。

■とき;11月4日(日)    ■ところ;竜神交流館

竜神地区の交流館祭に出席しました。

竜神中学校の吹奏楽部によるオープニング【写真左】や

オバさま方のフォークダンス【写真右】の披露など

交流館の内外を使って、いろいろな発表がありました。

シニアの皆さんと小中学生の交流や、

特別支援学校生の作った木工作品など…、社会参加によって得られる

大切な出会いの場であると感じました。

 

 

 

 

■とき;11月4日(日)    ■ところ;柳川瀬グラウンド

早朝ソフトボール大会の閉会・表彰式を行いました。

私が豊田市議の時代から

地元の皆さんに参加いただいて23年間続けてきた早朝ソフトボール大会。

当初は8チーム総当たりで賑やかだった大会でしたが、

参加いただく皆さんの年齢も高齢化し、

参加チームも5チームにまで減ってきました。

それでも愛好家が役員を引き受けていただき、

何とか私が県議の間は続けてこれました。ありがとうございました。

最後は、みんなで写真を撮って締めることにしました。【写真】

来年からは、新人の市議を冠にしてスタートする予定です。

■とき;11月2日(金)    ■ところ;環境リサイクル工場

所属する振興環境委員会の県内視察です。

1ヵ所目は、国産間伐材を利用した外壁材を製造する㈱ニチハ。

国産材の利用とCO2固定を促進したことが認められて「2018愛知環境賞」を

受章されています。

2ヵ所目は、土壌の洗浄とリサイクルを手掛ける㈱ダイセキ環境ソリューション。

建設現場や化学工場跡地の汚染された土壌を洗浄・環境分析した上で、

セメント材や路盤材として利活用する工程を説明いただきました。【写真】

■とき;10月28日(日)    ■ところ;ららぽーと名古屋

年末に発売予定のレクサスUXの事前展示会が

名古屋のららぽーとで開催されたので見に行きました。

運転席に乗ってインテリアを確かめたいと思っていたら、

そのお客様でいっぱい。【写真左】 関心の高さを感じました。

売れるかもね…。

周りから見た感想は、車高が低くSUVらしくない形状だなぁ…と。【写真右】

それとシニア層から若者まで幅広いお客様がいましたが、

やっぱりお金があるところにはあるなぁ…の印象。

今度は別の機会に、時間を掛けて拝見することにします。

■とき;10月25日(木)    ■ところ;沖縄県体育協会、沖縄ヤマハ

視察の2日目は石垣島→那覇に移動し、

大型クルーズ船によるアジア観光客の受入に成果をあげている実態を視察。

そして3日目はスポーツ誘致に取り組む体育協会の活動を調査。

温暖な気候もあってキャンプ地として沖縄を選ぶスポーツ界の動きや

招致活動の必要性を説明いただきました。

イベント企画・誘致活動・実施に至る一連の事業活動を

進めることのできる組織づくりの重要性を感じました。【写真左】

次に訪問したのが、シェアサイクル事業に取り組む㈱沖縄ヤマハです。

自社の電動アシスト自転車を活用して、スマホで自転車の借りる・返却を

気軽にできるシステムを展開中です。【写真右】

今後、公共交通機関との接続が求められたり、観光客のマナーの問題を

クリアしていくことが求められると感じました。