トップページ 活動報告 政策 政策 県政レポート 時々刻々 仲間の紹介

活動報告



 

 

 

 

■とき;1月23日(火)    ■ところ;豊田市内ホテル

躍進めざましい豊田市経済を引っ張る商工会議所です。

三宅会頭の強力なリーダーシップの下で、

多くの企業が発展成長している状況だと感じます。

2019年のラグビーW杯開催に向け、都心整備が順調に進んでいます。

海外からのお客様にとっても、おもてなしの街として評価されるよう

期待しています。



■とき;1月13日(土)    ■ところ;豊田スタジアム公園

恒例の消防出初式です。

県を代表して大村知事も来ていただき、あいさつをいただきました。

私もあいさつの機会をいただき、

「日ごろの活動に感謝します。

局地的な災害や都市部の被害も多発するような環境の変化を感じます。

国土の強靭化対策も必要ですが、同時に環境対策の必要性も感じます。

また、南海トラフ沿いの地震の起きやすい地域の対策が指示されました。

県として対策を立てて、市町村と連携を進めていきます。」

万一、災害が起きても、被害の少ない地域力を備えたいと思います。



 

 

 

 

■とき;1月9日(火)    ■ところ;名古屋市内ホテル

連合愛知に集う労組代表の皆さんと新年のあいさつを交わしました。

連合愛知・佐々木会長からは

「地域政党に結集して、政策実現を果たしてもらいたい」

と、心強いエールをいただきました。

地方政治から変えていく年にしたいと思います。



■とき;1月18日(木)    ■ところ;豊田市駅前ペデストリアンデッキ

今回は、働き方改革に取り組む連合の活動について

通勤・通学の皆さんに訴えかけました。

こうした活動が県下一斉に実施されていますので、

少しは職場や家庭で話題になっているのでは…? と期待しています。

役員の皆さん、早朝からご苦労さまでした。



■とき;1月17日(水)    ■ところ;市内料理屋

産業文化センターの小ホールで、

山下洋輔(ピアノ)+坂井紅介(ベース)+村上秀一(ドラムス)

トリオのジャズコンサートがあり、友だちと聴きに行きました。

演奏後、坂井紅介さんとツーショットも撮っていただき、感激!【写真左】

その後、みんなで食事行ったら、太田としあき岡崎市議が

私の誕生日祝いのケーキを用意してくださって、感激!【写真右】

一日の終わりが楽しい思い出となりました。ありがとうございました。



 

 

 

 

■とき;1月16日(火)    ■ところ;会派会議室

今期は会派として6つの研究テーマを持って勉強会を重ねています。

きょうは、「女性活躍・子育て支援研究会」の勉強会です。【写真】

ワークライフバランスの実態について、議員がそれぞれ現場に入って、

労働環境・生活環境・困りごと…などについてヒアリングをしてこよう、

ということになりました。

現場の声が提言に結びつくように進めていきたいと思います。



 

 

 

 

■とき;1月14日(日)    ■ところ;豊田市内ホテル

恒例の事始め式に呼んでいただきました。

“礼節を重んじる”ことを子どもの時代から学ぶ場として、

不動会の取組は社会に大きな貢献をされてきました。

ことしも変わらぬ発展をお祈りします。



 

 

 

 

■とき;1月10日(水)    ■ところ;知事公館

来年度の予算編成を行う上での収支状況について

知事から説明を受けました。【写真】

企業からの法人税は堅調であるものの、

膨らむ社会保障費や、施設整備に要する費用がかさむなど、

引き続き厳しい財政運営を強いられる、との説明がありました。

それに加え、老朽化してきた県施設が一気に建て替えの時期に突入します。

計画的な長寿命化策を講じて、支出が偏らないような工夫が必要です。



 

 

 

 

■とき;1月1日(月)    ■ところ;挙母神社

あけましておめでとうございます。

清々しい晴天の中、平成30年を迎えることができました。

近くの豊田神明社で年明けを迎え、10時には市内の挙母神社で

元旦祭に参詣してきました。

その帰り、古本伸一郎衆議院議員の事務所に寄ってツーショット。

穏やかで安定した今だからこそ、将来を見据えた改革に着手する年だと

肝に銘じて、行動する一年にしたいと思います。

本年もよろしくお願い申し上げます。



 

 

 

 

■とき;12月30日(土)    ■ところ;大阪市内飲食店

毎年恒例の大阪市大ポート部OBによる忘年会に行ってきました。

今年は出席者も少なくて残念でした。

一人ひとり近況を報告しながら、ツッコミを入れては盛り上がりました。

そろそろ定年後の再雇用期間も終了する年頃になり、

次の生活を考える時期となりました。

来年の再会が楽しみです。