トップページ 活動報告 政策 政策 県政レポート 時々刻々 仲間の紹介

活動報告

■とき;12月14日(金)    ■ところ;トヨタ自動車広瀬工場前

年末の交通安全立哨活動です。きょうは広瀬工場。

寒いわぁ~。

【写真左】左から渡辺みよし市議、古木豊田市議、中村、太田岡崎市議

【写真右】職場役員の皆さんも協力いただきました

ことしも愛知県が交通死亡事故者数・全国ワーストです。

一人でも犠牲者をなくすよう、年末年始、私たちがリードしていきましょう!

寒い中、ご苦労さまでした。

■とき;12月8日(土)    ■ところ;名古屋市内ホテル

【写真左】は西三河チーム。「子育て、公契約、森林保全」の各テーマを

近隣自治体と広域連携しながら進めていこう、という提言でした。

【写真右】は東三河チーム。南北に長く、北部の過疎化も進むこの地域。

「交通、医療の環境整備」を東三河一体で進めていく提言です。

5ブロックそれぞれに地域特性を捉えた政策提言でした。

今後、広域連携して政策実現していくテーマを絞り込みながら、

新政あいちとしての成果に結実させていきたいと思います。

作業を進めていただいた議員の皆さん、ありがとうございました。

■とき;12月8日(土)    ■ところ;名古屋市内ホテル

【写真左】尾張チームは「広域的な公共交通ビジョン」について

発表してくれました。西~東まで地域が広域にわたるため

テーマの絞り込みが大変だったようです。

【写真右】知多チームは「産業・観光・医療の広域振興」について発表。

知多を構成する5市5町が連携して、持てる地域資源を活用しよう、

という内容でした。

 

■とき;12月8日(土)    ■ところ;名古屋市内ホテル

新政あいちの秋季セミナー実施。

各ブロック別にまとめていただいた地域政策の発表です。

中心となって取り組んでいただいた鈴木純・副総務会長【写真左】が

講評と今後の展開について説明しました。

【写真右】名古屋チームが取り上げたテーマは「子育て支援策」など。

家庭での子育てに対しても経済的支援を行う、政策提言が特徴的。

選挙の公約としても、県下の統一施策としても検討できそうです。

 

 

 

 

■とき;12月9日(日)    ■ところ;平和町広場

中村孝浩・豊田市議の地元、平和町自治区の芋煮会に

呼んでいただきました。【写真】

やっと冬らしい(?)寒さを感じるこの頃です。

あったかい芋煮、五平餅などをいただき、地域の皆さんと交流を深めました。

この地域は、地元のお爺ちゃん・お婆ちゃんとともに、

新しく越して来られたパパ・ママ・チビッコたちも一緒に

行事に参加され、世代の交流がうまくいってる地域だなぁ…と

感じました。

準備にあたられた役員の皆様に感謝申し上げます。

■とき;12月8日(土)    ■ところ;名古屋市内ホテル

連合愛知に集う議員の総会に出席しました。

【写真左】連合愛知・佐々木会長からは

「政策実現に向けて連携を取って活動していこう!

来春の統一地方選挙の必勝に向けて頑張ろう!」と挨拶があり、

【写真右】統一地方選挙に向けて

ガンバローコールで全員の意思結集を図りました。

■とき;12月2日(日)    ■ところ;トヨタスポーツセンター

伝統ある社内駅伝に応援に出掛けました。

【写真左】選手が走るコース沿道には職場の応援団の皆さんでいっぱい。

なかなか移動することもままならず、人・人・人…。

トヨタの最大のイベントといっても過言ではないです。

【写真右】やっとの思いで労働組合の出展ブースにたどり着きました。

西野委員長と一緒に餅つきをしながら、ブースに寄っていただいた

皆さんにつきたてのお餅を振舞いました。

素晴らしい晴天に恵まれた一日でした。

浮き出ん選手の皆さんには少し暑いくらいのコンディションだったかも。

ご苦労さまでした。

■とき;11月28日(水)    ■ところ;国際展示場工事現場

所属する振興環境委員会のメンバーで

建設中の国際展示場の現場を視察しました。

工事概要を説明いただき【写真左】、

工事現場を回ってきました。

外装パネルも取り付けられ、施設の規模も体感できました。【写真右】

東京、大阪の展示場に次ぐ規模とのこと、

あとは国際的なイベントをどれだけ誘致できるか、

またそのための宿泊施設・交通環境などの整備が整うか、が課題となります。

この後、オープンしたフライトオブドリームズも見学しました。

 

 

 

 

■とき;11月23日(金)    ■トヨタ事業所内託児施設ぶぅぶフォレスト

豊田市議・みよし市議・裾野市議で構成される中村グループで

トヨタ自動車の企業主導型保育施設「ぶぅぶフォレスト」を視察。【写真】

トヨタの勤務者に対応できるよう、早朝保育や宿泊保育、

病児保育にも対応できます。

現在120名の在籍ですが、2030年には定員の320名がうまる予定。

0~1歳児の部屋は、フローリングがコルク材が使用されていたり、

床暖房で備わっていたり…なかなか充実した施設環境です。

トヨタグループ企業間での相互受け入れも可能になり、

社会に貢献する企業の姿が明確になってきました。

■とき;11月22日(木)    ■ところ;豊田市内ホテル

小幡鋹伸さんの旭日中綬章受章の祝賀会に出席しました。

永年にわたりトラック業界及び産業の発展に尽力されたことが受章理由ですが、

永年、豊田市体育協会会長、豊田スタジアム社長として、

豊田市の体育スポーツの普及発展に尽力されたことや、

豊田スタジアムの天然芝を、日本一と称されるまでに改善してこられたことも、

小幡さんを知る私たちにとっては、大きな貢献だったと思います。

この会の代表発起人である三宅英臣・豊田商工会議所会頭から

細い糸で編み上げた小幡さんの肖像画を贈呈されました。【写真左】

また、余興にジャズクインテッド「スウィングエース」の演奏を

楽しむことができました。【写真右】

名古屋会場のときのさだまさしの歌といい、今回のジャズといい、

お客様を楽しませる小幡さんのお人柄こそが受章の理由かも知れません。