トップページ 活動報告 政策 政策 県政レポート 時々刻々 仲間の紹介

活動報告

 

 

 

 

■とき;10月14日(日)    ■ところ;緑神社、豊田神明社

きょうは秋の祭礼・神事に呼んでいただきました。

緑ヶ丘自治区では神事のあと、子どもたちの神輿が町内を練り歩き【写真】

町内の皆さんから応援をいただいていました。

また、豊田神明社では神事祭礼のあと、子ども相撲が行われる、とのこと。

自治区の行事として、世代間に引き継いでいく行事として、

また子どもたちに地元を知ってもらう行事として、

これからも永代続けていきたいものです。

準備をいただいた役員の皆様、ご苦労さまでした。

■とき;10月10日(水)    ■ところ;中部国際空港(セントレア)

米国ボーイング社製造の787型機の胴体部分の35%は

愛知の重工メーカーの製造なのだそうです。

名古屋港埠頭エリアで製造された機体部をセントレアから

リフターと呼ばれるデッカイ飛行機に乗せて米国へ輸送して

組み立てるのだそうです。

その初号機をセントレアの一角に『フライト・オブ・ドリームズ』

という展示場に展示。【写真左】

機体の周辺には飲食・物販のお店が並び、【写真右】

また、ボーイング社のオリジナルグッズも販売されています。

この12日にオープンするに先立ち、内覧会に呼んでいただきました。

商業複合施設という位置付けなので、ミュージアムというより

観光スポットとしての機体が膨らみます。

多くの観光客で賑わうことを期待しています。

■とき;10月8日(月)    ■ところ;名古屋市内ホテル会議室

トヨタグループ出身の議員で構成するユタカクラブ議員協議会の

定例の研修会です。【写真左】

きょうは厚生労働省から川口俊徳企画官にお越しいただき、

「2040年を見据えた高齢者介護」について講演いただきました。【写真右】

今後、介護を要する高齢者が増加し、それを支える現役世代は減少、

また介護人材が不足していく時代にあって、

介護の問題は早急に対策を講じていかねばなりません。

当面、要介護者に対する対策も大切ですが、

その予備軍や現役世代が要介護にならないような対策も急がれます。

そのためにも、私たち現場に近いところで実態を知る地方議員と

地方自治体が、現場の特性に合った対策を講じていく知恵を出すことが

求められます。

まずは健康づくりと交流から始めましょう!

 

 

 

 

■とき;10月7日(日)    ■ところ;岩滝町区民会館

きょうは岩滝自治区の敬老会です。

73歳以上の皆さんにお集まりをいただきましたが、

皆さん若い、若い!

この団地には、トヨタのOB・OGの皆さんが多くお住まいで、

先輩方から可愛がっていただいている団地です。

お元気に地域でご活躍されますようお祈りいたします。

 

 

 

 

■とき;10月6日(土)    ■ところ;静岡県裾野市

あした7日が裾野市議会議員の投票日。

トヨタ自動車出身の井出さとる候補と、

トヨタ自動車東日本出身の浅田基行候補のお二人の応援に

桜井ひでき豊田市議と一緒に裾野市まで出かけてきました。

【写真】は井出候補を囲んで桜井さん(右)と3人で。

…そして、7日の投票の結果、お二人とも見事当選されました!

あめでとうございました。これから一緒に頑張りましょう!

 

 

 

 

■とき;10月5日(金)    ■ところ;トヨタ自動車上郷工場前

秋の交通安全立哨活動です。

愛知県は、ことしも交通事故死亡者数が全国ワーストです。

高齢者に絡む事故が半数以上。

そして日没の時刻に事故が多発している、との状況です。

職場役員の皆さんにも活動に参加いただき、

樹神県議、安藤豊田市議、太田岡崎市議、中尾くらしの相談担当者

とともに、通行する車両の運転手に安全運転を呼び掛けました。

■とき;10月1日(月)    ■ところ;岡崎市内ホテル

しげとく和彦衆議院議員のパーティー「ゼロから育てる会」に

出席しました。

相変わらず、活力を感じさせる挨拶で、

私たち議員ももちろん、お集まりの支援者の皆さんの

期待感に応える迫力でした。【写真左】

岡崎市選出の西久保県議と一緒にスリーショット。【写真右】

お集まりの支援者の方々は、シニア層の皆さんも多く、

私たち労組中心に支えられている議員から見ると、

幅広い支持層から多様な意見を拝聴できる可能性をもった代議士です。

現在、しげとく代議士は無所属で活動中です。

早く一緒の政党の下で、活動したいと願っています。

 

 

 

 

■とき;9月24日(月)    ■ところ;トヨタ本社工場前ロータリー

秋の交通安全活動が始まり、

本社工場の皆さんと一緒に、通勤車両に向かって

「歩行者優先」「シートベルトの着用」などと書いたプラカードを

見せて、啓発活動を進めました。【写真】

残念ながら、9月20日現在の都道府県別交通死亡者数では

愛知が139人で、千葉・埼玉を引き離して今年もワースト1です。

高齢者が全体の半数を超えていること、日没の時間帯に事故が多発している

ことなどから、よりターゲットを絞った安全活動が必要と思われます。

まず自らの運転姿勢を正し、周囲に気を遣う余裕を持ちたいと思います。

 

 

 

 

■とき;9月21日(金)    ■ところ;安城市内ホテル

大村知事の県政懇談会に出席しました。【写真】

西三河の首長、議員、財界…多くの支援者の皆さんがお集まりでした。

ますますのご活躍を期待しています。

■とき;9月11日(火)    ■ところ;名古屋城本丸御殿、三五の森

所属する振興環境委員会の県内視察で、

名古屋城本丸御殿と三五の森を調査してきました。

名古屋城は愛知県の観光の目玉です。年間来場者も190万人、

全国の城の中でも五本の指に入る人気城です。

10年に及ぶ本丸御殿の復元工事が完了し、この6月から公開されています。

中でも再現された障壁画は重要文化財としても価値があり、

9月29日~10月22日まで特別展示されます。【写真左】

次に、熱田区のイオンの近くにある環境スポット「三五の森」を視察。

自動車のエギゾーストパイプを製造する㈱三五の工場跡地に

造成された環境の森です。【写真右】

ビオトープを活用した生態系の学習や、

田植えの体験学習など、地域の子どもたちに環境意識を提供する

事業の内容などについて調査しました。