トップページ 活動報告 政策 政策 県政レポート 時々刻々 仲間の紹介

トピックス

今年も民進党県議団は重要テーマの勉強会を開催し、前半期は子ども貧困・中小企業対策・食品ロスの

3つのテーマについて提言をまとめました。その中で知事の見解を求めたい内容について、2月議会の

代表質問で取り上げる予定です。

子どもの貧困問題は、全国に比べて愛知の貧困率は低いため注目されませんが、シングルマザー世帯の

貧困率や抱える課題は全国と同じ傾向です。その中で注目したのが「住まいの確保」が彼女たちにとって

求職活動、そして子どもの学区の基盤となっている点です。住居の確保を第一に、子育て支援や就労支援を

パッケージとした施策の必要性を提言したいと考えます。

中小企業対策では人手不足対策に絞って、特に元気なシニアの皆さんにお手伝いいただける仕組みを

検討中です。国の調査では現在働いている60歳以上の男女の約8割が「70歳くらいまで~働けるうちは

いつまでも働きたい」と回答。一方、実際65歳以上で働いている人は23%にすぎず、人手不足対策のカギは

この層への働きかけにあると考え、現在のシルバー人材センターの事業拡大を提言したいと考えます。

食品ロスの問題は、業界の対応と合わせ、県民全体の運動も必要です。食べられるのに廃棄されて

いる日本の食品ロスの量は年間6百32万トン。宴会等では開始30分と最後の10分を食事に専念して

席を立たない「3010運動」も広がりつつあるようです。

また、食品の製造日から賞味期限までの期間を概ね三等分して納品期限・販売期限を超えた商品は

返品廃棄される、という「三分の一ルール」などの商習慣の見直しも必要だと思います。

国の画一的な制度の下で機能していない現場実態を指摘し改善を進めたいと考えます。

【矢作新報社「時々刻々」2018.2.2号に寄稿】

今回の衆院選に伴う民進党の分裂によって緊張感ある与野党の政治バランスが大きく崩れ、

野党間の足の引っ張り合いの中で与党を大きく利する結果になったことは大変残念でした。

いまの安倍一強政治に対して批判の受け皿がない選挙となり、また今回も、野党よりましな与党を

選択する消極的な選挙戦になったことに、私も含め政治に携わる者は大いに反省すべきと思います。

野党が割れる現象は地方議会にも影響を及ぼし、愛知では3名の県議が民進党から立憲民主党に移ります。

希望の党も本格始動すれば、さらに地方議会への影響も懸念されます。

再来年の4月には統一地方選挙で私たち地方議員が闘うことになりますが、野党が分裂した状況で

有権者の皆さんにも支持が得られない状況では、単に地方議会の議席獲得が厳しいだけでなく、

知事・市長そして他会派に対して緊張感ある政策議論や議会改革を実践していくことが難しく、

活力の削がれた地方政治を放置することにもなりかねません。

そこで私たち民進党愛知県議員団32名は先日の総会で『所属党派は別々になっても従来どおり

同一の会派の中で活動を続けていく』ことを確認しました。

そして、県議団、名古屋市議団、一般自治体議員と連携した緩やかな塊を形成して、

国の動向に左右されず、地域に根差した活動を連携して推進していこうと提案しました。

もちろん私たちの最大の支持母体である連合愛知や、支えていただいている地域の皆さん、

そして何より国会議員との調整や理解活動が必要とされます。しかし難しい局面だからこそ、

国にばかり頼らず自分たちの責任で局面を切り拓いていくことが今後の勢力拡大につながるものと確信します。

皆さんに信頼いただける基盤づくりを地方から進めていきます。

【矢作新報社「時々刻々」2017.11.17号に寄稿】

今期、民進党愛知県議員団の団長を務めることになりました。全国的に民進党の

低迷が進む中ですが、ここ愛知は労働組合の支持や民社の流れを汲む心強い

地域であり、その期待にお応えする決意を持って職務に当たりたいと思います。

愛知県は大村知事の強力なリーダーシップの下、将来の成長施策と人財育成

施策に多面的にバランスよく取り組んできたと評価をしています。しかし、大きな

経済成長が見込めない将来を見据えたとき、将来のコスト負担軽減や行政サービスを

実施する市町村との連携による効率化…などといった地道な取組も一層重要性が

増すと考えます。

そこで私たち議会は、計画づくりと実績調査に終始しがちな行政の仕事の進め方の中で、

見落とされがちな現場の実態をしっかり把握しフィードバックする機能を強化すべき、

と活動方針の中に掲げました。こうし活動の積み上げの中から2年後の統一地方選に

向けた公約づくりにつなげていけたらと考えます。

また、政務活動費の使途の透明化に向けても踏み込みたいと考えます。政務活動と

後援会活動の仕切りをより厳格に運用したり、情報の開示も積極的に進めたいと考えます。

このことを議会全体で取り組もうとすると他会派との調整が必要となりますが、できることは早く、

調整に時間が必要なことは自らの勢力も拡大しつつ発言力を高めていき実現させたいと思います。

その意味でも議席数の拡大には今から準備をしておきたいと考えます。過去に議席獲得の

実績があったり、惜敗したりした選挙区などを重点に取り組みたいと考えます。

愛知県の持つ特性の中で育てていただいた民進党。その基盤に立った政策の実現をもって

役割を果たしていきたいと考えます。

 

【矢作新報「時々刻々」6月2日発行】

1年7組クラス会

 

 

 

 

 ■とき;8月8日(土)    ■ところ;半田市岩滑 イタリア料理「魚魚バル」

久しぶりのクラス会です。

とはいっても、半田高校24期生の卒業40周年記念同窓会を一昨年開催した

ばかりですから、そんなに変わっていないし、話題もそこそこ…。

それでも盛り上がりました。むかしの仲間たちはイイわぁ~。

みんな定年を迎え、職業を変えたり、時間を持て余したり、趣味に興じたり…。

ただ、親御さんの介護の話題は結構共通していました。

今回、クラス44名のうち19名が参加。加えてクラス外の乱入組が14名参加。

高木先生を囲んで33名が出席してくれました。【写真】

来年、また幹事役を買って出て、盛り上げを図ります。

公契約条例知事要望①.jpg

 

 

 

 

■とき;4月22日(火)    ■ところ;知事公館

25年度の民主党県議団役員の最後の仕事として

「公契約条例の制定」を大村知事に要請しました。【写真】

少し前まで、少しでも安い見積もりで入札を競争していた時代は、そのシワ寄せは

労働者の賃金をいかに安く抑えるかに寄せられ、低価格→低コスト→低賃金→消費減速、といった

デフレスパイラルに拍車をかけてきました。 それを改善すべく、工事契約を結ぶにあたっては

賃金レベルを確保する条項も含めて契約すべき、とする条例の制定を要請したところです。

今でこそ、人手不足から、賃金も高騰しつつあり、適正な賃金レベルを確保しないと

働き手も集まらない状況ですが、景気の動向に左右されることなく、賃金レベルを確保するという

社会意識を醸成しておくことが重要です。

公共事業の入札で企業側が工夫しなくてはならないのは、労働者の賃金を不当に引き下げることではなく、

ゼネコンによる中間搾取といった悪しき慣行を止める構造改革こそ、工夫すべきことだと思います。

交通安全in生協①

交通安全in生協②

 ■とき;4月6日(日)    ■ところ;トヨタ生協(メグリア)本部店前

春の交通安全活動が始まりました。

トヨタ自動車労働組合の取組で、街中に出て皆さんにPRする活動をしています。

今回は、トヨタ生協本部店前で、お買い物客の皆さんにティッシュを配りながら

「交通安全」を呼び掛けました。 【写真左】

日曜日とあって、お子ちゃま連れも多く、ティッシュをたくさん受け取っていただきました。【写真右】

これから5月の連休に入ります。

皆さんの中から事故に遭われる方が出ませんように…。


春らしい日和になりました。季節とともに日本の元気も取戻せるよう頑張りたいと思います。

福井県大飯原発の再稼動をめぐって政府と地元、そして民意の差を感じます。政府には将来のエネルギー政策を描く中で今回の判断を示すことが必要と考えます。そして、地方もエネルギー供給に関する責任を持つ時代になったことを感じます。

続きはこちら